四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

染み抜きテクニック油性編!インク・チョコ・口紅・ペン・マニキュア

   

洗濯

あっ!やっちゃった!

ペンや化粧道具でお気に入りの大切な服にシミが!
なんて事ありますよね。

そこで今回は

そんな時の家庭で簡単にできる油性の染みの染み抜き方法を紹介します。

油性物の染み抜きとして

チョコ・インク・絵具・口紅・油・オリーブオイル・ファンデーション・サインペン・朱肉・ホワイトボードマーカ・マジック・マニキュア・油性マジック・油性ボールペン・ペンキ・墨汁

に使える染み抜き方法です。

スポンサードリンク

染み抜きテクニック油性編!インク・チョコ・口紅・ペン・マニキュア

油性のものは、シミが完全に定着してしまうと取れにくく、大変ですが

衣類にシミが浸透するまでに少し時間があるので、

まず

「つまみ取れるだけ取る事が大切です」

具体的な手順は

油性の染み抜き方法

手順1:油分をつまみ取る
ティッシュなどで油分を「つまみ」取ります。
この時に、ゴシゴシは絶対はしないで下さい。
あくまで全て取れるわけではないので
つまむ程度にして下さい。
それでも、この手順が早ければ早いほど染み抜きがしやすくなります。

 

手順2:洗剤と歯ブラシで叩き移し
白いタオルを敷いて、シミの部分を被せます。
そして、台所洗剤など中性洗剤を歯ブラシの先に原液で付けて
シミの部分を叩き、タオルに移していきます。

*この時、シルクなど傷みやすい素材の衣類は
この手順の前にベンジンを使ってみて下さい。

*また、この時に染みの外側から真ん中に向かって叩いていけば、
輪染みにならずにすみます。

 

手順3:洗剤を落とす
染みが取れたら、衣類から洗剤を落とすために
水で洗った歯ブラシを水で濡らした状態で叩いて落とします。
洗剤は原液を使っているので、大変ですが、しっかり洗剤を落として下さい。

*やはり、しつこい汚れが落ちない場合は
最終手段の漂白剤の付け置きで落とします。

 

手順4:乾燥
乾いたタオルで衣類の水気を取り、自然乾燥します。

 

ポイント

  • 染みを擦らず、叩くorつまむ
  • 油分は浸透しにくいのでスピード勝負

となります。

この手順で強敵ではありますが墨汁染み抜きが可能です。

スポンサードリンク

染み抜きテクニック油性編!インク・チョコ・口紅・ペン・マニキュア

また外出先など染みを付けてしまい、染み抜きできるまで時間がたってしまう場合

この時もその場で素早く
ハンカチやティッシュで油分が浸透する前につまみ取れるかが肝心です。

油分が定着する前に少しでも取り、

次にハンカチを濡らして(石けんがあれば尚良し)
擦らずに、叩いたり、抑えたりしてハンカチに染みを出来る限り移し取って下さい。

外出先でも、その場ですぐに応急処置をするかどうかは染み抜きの大きな違いになります。

 

まとめ

ペンや化粧道具でお気に入りの大切な服にシミが付いた時

家庭で簡単にできる油性の染みの染み抜き方法を紹介しました。

油性物の染み抜きとして

チョコ・インク・絵具・口紅・油・オリーブオイル・ファンデーション・サインペン・朱肉・ホワイトボードマーカ・マジック・マニキュア・油性マジック・油性ボールペン・ペンキ・墨汁

に使える染み抜き方法です。

スポンサードリンク

 - お役立ち ,