四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

妊娠性歯肉炎の症状と治療方法!早産の危険を避けよう!

   

妊娠性歯肉炎

妊娠中、奥歯が痛くなり出し、歯磨き中に出血も。。。

『妊娠性歯肉炎』になられる方が増えています。
*妊活中の方にも是非見て頂きたいです。

この妊娠性歯肉炎を放っておくと胎児にも影響が!

そこで、

  • 妊娠性歯肉炎の症状
  • 妊娠性歯肉炎の治療方法
  • 妊娠性歯肉炎と早産の関係

について私の経験もふまえ、まとめておきました。

私自身も妊娠中に歯肉炎になりました。
気になる方は産婦人科へ相談後、歯医者へ行ってみて下さい。

スポンサードリンク

妊娠性歯肉炎の症状と原因!妊婦はなりやすい?!

歯磨き中の出血や痛み
日頃の口臭が気になり出したら

産婦人科へまず相談して下さい。
(その後、歯医者へ)

というのも、妊婦は『妊娠性歯肉炎』に掛かりやすい状況にあります。

歯肉炎は歯周病の一つで、(当時ショックorz)
歯周病のうち進行が歯肉のみに限局している軽度の歯周病を歯肉炎と言います。

妊婦がかかりやすい原因は

  • 女性ホルモンが多くなり、この女性ホルモンを好む菌が増えます。
  • 唾液がでくく、粘りが出やすい。食べ物のかすが残りやすい。
  • 食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすいから。
  • つわりなどで、歯の磨き方が悪くなり磨き残しが出やすい

たとえ、毎日2、3回の歯磨きをしていても
歯の磨き方が悪ければ歯肉炎になります。

歯磨き中に毎回出血するのであれば、直に産婦人科へ相談しましょう。

妊娠初期と後期は胎児への影響を考慮し
抗生物質が出なかったり、治療を遅らせたりと状況によってなりますが
*歯医者から抗生物質が出ても直に産婦人科へ相談!!

歯医者さんから
ブラッシングを教えてもらうだけでかなり対策が可能です。
私も当時、2週間〜3週間で「出血」がなくなりました。

仮に妊婦でなくても治療法は
歯医者による歯石、歯垢のクリーニングとブラッシング指導
日頃の当人のブラッシング(出血がでても気にせず磨き、歯茎を絞める)だと教えて頂きました。

では、そのブラッシングについてですが

スポンサードリンク

妊娠性歯肉炎の今直ぐできる治療方法!日頃のケアを大切に!

【正しいブラッシングの仕方は】
1:歯と歯茎の間にブラシを当て、

2:大きくスライドさせるのではなく、小さいスライドで1カ所を丁寧に少しずつ

3:毛先が広がらない軽い力で動かす

ついつい大きなスライドで歯だけを磨いていましたが、
小さく丁寧に歯茎と歯の間に当てる事が大切だと医師に教えて頂きました。

*歯を磨くときは最初、出血が目立ちますが
出血を気にせず磨いて下さい。

私の場合は2週間〜3週間で「出血」がなくなりました。

とは言え、つわりなどで歯磨きが気持ち悪い時があります。

そんな時は

  • 下を向き、前屈みの体制
  • ヘッドの小さいハブラシを使用し、舌に当てない
  • 香料や味の弱いものを仕様

の3点を気をつけると、だいぶ楽になりますよ!

次に
一番気をつけなければならず、避けたい点について!

妊娠性歯肉炎による早産の危険を避けよう!

一番気をつけなければならず、避けたいのは

「早産」です。

歯周病と早産が繋がらない方も多いと思いますが

「歯周病の妊婦とそうでない妊婦では約5倍早産になりやすい」
参照:日本歯周病学会誌

と歯周病との関係が明らかにされています。

これは、
歯周病になると、体内の自分を守ろうとする細胞から、出産のサインになる物質が過剰に作られてしまい、
さらに、子宮収縮を促進させる物質も作られ、早産につながることがあるからです。

ただの歯肉炎、歯周病と侮らず、
日頃からの丁寧なブラッシングで妊娠性歯肉炎を予防して下さい。

妊娠前も妊娠中も歯周病の予防や治療は元気な赤ちゃんのためにも大切です。

妊婦が皆、妊娠性歯周病になるわけでなく、
ブラッシング指導を受け、丁寧に歯磨きをしていればならない方も私の周りには多くいました。

赤ちゃんのために
丁寧なブラッシングを心がけて下さい。

*余談
ママに虫歯があると、2歳までに虫歯になる可能性が上がるという発表もあります。約3倍!!

参照:「妊婦と歯科治療とカウンセリング」東京臨床出版

まとめ

歯磨き中の出血や痛み
日頃の口臭が気になり出したら

産婦人科へまず相談して下さい。
(その後、歯医者へ)

元気な赤ちゃんのためにも妊娠前も妊娠中も丁寧なブラッシングで
歯周病を予防する事が大切です。

最近では市の母親学級で虫歯チェックがあったり
産婦人科から歯医者の受診をすすめられるケースも増えていますよ!

スポンサードリンク

 - お役立ち ,