四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

上履き入れの生地は何がおすすめ?キルティング以外で強度を出す方法!

   

入学入園準備

上履き入れを手作りしたいけど、

幼稚園からのパンフレットには

寸法は書いてあるけど、生地選びがさっぱりわからない!

生地について書いてあっても「厚手のもの」などの表記だけで具体的に何が良いんだろう?

裁縫が苦手な方や、そもそもバッグなどは初めて作るという方が大半で
生地選びは分からないものです。

そこで、

上履き入れの生地について

どんな生地がおすすめか
キルティングじゃなくても厚手にする方法
裏地はありか?なしか?

をまとめました。

スポンサードリンク

上履き入れの生地は何がおすすめ

上履き入れは厚手で丈夫な生地が良い!

そう思い
厚めの布や丈夫な布と聞いて一番に思い浮かべるのはキルティング!ですが

筆者が先輩ママに相談したところ、驚くことに

キルティングをおすすめする方は少ない事が分かりました。

そして、上履き入れの生地で一番のおすすめに多く意見があがったのが

オックス生地

デニム生地

または、
キルティング(キルト)生地のように裏地をつけても中のキルト芯や綿は入れない(もしくは接着芯で強度を出す)

と教えて頂きました。

 

なぜキルティング(キルト)生地がおすすめでないのかを聞いたところ

  • キルティングはステッチがほつれてきて、長持ちしない
  • 上履き入れはよく洗濯するが洗濯すると劣化を早める
  • 洗濯した時に乾きにくい、汚れが落ちにくい
  • メインカバンには入らない。かさばる
  • 巾着タイプには不向き

という理由があがりました。

その点

オックス生地

デニム生地

がおすすめなのは

洗濯をしても劣化しにくく(デニムはむしろ味が出てくる)、乾燥も早く、汚れも落ちやすいので扱いやすいく、持ち運びが楽いう事でした

 

上履き入れをキルティング生地以外で強度を出す方法

確かに、キルティング(キルト)生地のメリットとしては

厚手で丈夫、
子供が上履きを入れるときに、どこに置いても口がしっかり開いて入れやすく
子供にとって出し入れが簡単という点があります。

上履き入れのおすすめの生地について

キルティング(キルト)生地のように裏地をつけても中のキルト芯や綿は入れない(もしくは接着芯で強度を出す)

と教えて頂いた方は

この出し入れのしやすさ、強度、そして上記で記載した洗濯などの利点も考慮してだと教えていただきました。

 

ですので

一番のおすすめは

オックス生地かデニム生地に接着芯で強度を出すか
キルティングまではいかない、2つの生地を接着芯で合わせたものを使う

のがおすすめとなります。

続いて、上履き入れの裏地を付けるか付けないかですが

スポンサードリンク

上履き入れの裏地をつけるかつけないか

上履きの靴底によって汚れる事を考えて裏地を付けたり

子供が下の部分を擦っても良いように下半分の生地を切り替えにしたりする方も多く

筆者が教えてもらった先輩ママたちは

裏地や下半分の切り替えを付ける方が半数以上を占めました。

ただ、

上記で紹介したようにキルト芯を用意してしっかりしたキルティング生地にはしないで

デニムとオックスを表裏に使ったり、

さらに強度を出したい時は接着芯を使っていると教えて頂きました。

裏地を付ける理由としては

  • 口がしっかり開いて子供が上履きを入れやすい
  • 靴底による汚れを裏地にナイロンなど汚れが付きにくい生地で保護する
  • 下半分を切り替えにするなら、子供が引きずっても破れにくい

との事でした。

また、筆者が上履き入れを手作りしてみた感想としては
ブロード生地を2重にして、作るだけでも丈夫で良いかなと感じました。

 

まとめ

上履き入れを手作りする上での「生地」について

どんな生地がおすすめか
キルティングじゃなくても厚手にする方法
裏地はありか?なしか?

を先輩ママにリサーチした結果を紹介しました。

子供の出し入れや、カバンに入れるのかどうか、洗濯など様々な点を考慮して生地を選ぶのがポイントです。

以上、参考になっていれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お役立ち