四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

入学祝いのお返しマナー|品物と金額の相場、手紙の書き方を間柄別に解説

   

入学祝い お返し マナー 品物 金額 相場 手紙 書き方

入学祝いを頂いたけど、お返しはどうすれば良いんだろう?

品物や金額の相場やいつ頃贈るのか、
また、親や祖父母、友人、上司など間柄でのマナーが気になりますよね。

そこで、入学祝いのお返しである「入学の内祝い」について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しマナー|品物と金額の相場、手紙の書き方を間柄別に解説

以下の順番で入学祝いのお返しマナーについて詳しく解説していきます。

基本的に入学祝いのお返しは必要ありませんが、
受け取るだけで何もしないのではなく、お祝いして頂いた感謝(以下で詳しく)を伝える事が大切です。

 

祖父母(あなたの親や義両親)から入学祝いを頂いた場合のお返しについて

結論から言いますと

品物や金銭のお返しは必要ありません。

というのも
結婚祝いや出産祝いなど、お祝いをいただくと、
内祝いとしてお返しするのが一般的ですが
入学祝いはお返しをしないのが基本となります。

入学祝いは「子供」に贈られるもので、まだ子供には経済的能力がないので
お返しは不要です。

祖父母も孫の喜ぶ顔が見たくてお祝いを贈ります。

ただし、お祝いを受け取ってお礼の一言も無く何もしないのは失礼なので

お子さんからお礼の電話や手紙、ポストカードを贈りましょう。

祖父母が喜ぶのは、お礼の電話をすぐにし、
子供からお礼の手紙を贈る事です。

孫から貰った手紙や年賀状を大事に保管している
おじいちゃんやおばあちゃんが多くいます。

小学校への入学祝いであればランドセルを祖父母からいただく事が多いと思います。
その場合はランドセルを背負ったお子さんの写真を添えると、とても喜んでもらえます。

祖父母へのお返しは必要なく、
お子さんから感謝の気持ちを伝える事が大切です。

 

 

叔父(おじ)さん、叔母(おば)さん(あなたの兄弟)から入学祝いを頂いた場合のお返しについて

基本的には品物や金銭のお返しは必要ありません。

ただ、そのまま貰いっぱなしというのも気がかりで、
何かお返しをしたいという場合や地域柄でお返しが必要な場合は
*相手にお子さんがいない場合や、とても高額なモノや金額を贈って頂いた場合

入学祝いを受け取った日に電話でお子さんからお礼を伝え、
頂いた金額の1/3から半額の品物手紙とお子さんの写真を添えて贈りましょう。

*お返しの品物のおすすめと熨斗の書き方は下部で紹介します。

 

 

友人など身内以外から入学祝いを頂いた場合のお返しについて

友人身内以外から入学祝いを頂く事はほとんど無いと思いますが

もしも頂いた場合は

こちらも叔父さんや叔母さんの例と同じで

基本的には品物や金銭のお返しは必要ありません

しかし、身内ではないので、そのまま貰いっぱなしというのも気がかりで、
何かお返しをしたいという場合がほとんどだと思います。

この場合

お子さんとその友人に面識があれば
入学祝いを受け取った日に電話でお子さんからお礼を伝え、
後日、頂いた金額の1/3から半額の品物を手紙とお子さんの写真を添えて贈りましょう。

*お返しの品物のおすすめと熨斗の書き方は下部で紹介します。

お子さんと友人が面識がない場合は
あなたへの気持ちが大きいので、あなたからの電話でお礼を伝えましょう。
そして後日、頂いた金額の半額の品物を贈りましょう。

 

続いて
お返しする場合のおすすめの品物やお返しを贈るときのポイントを紹介します。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しにおすすめの品物

入学祝いのお返しの品物としておすすめが

定番の「お菓子」と「いくつあっても困らないもの」になります。

 

お菓子
カステラや焼き菓子や小分けになったスイーツなど家族で食べれるものがおすすめです。
お菓子なら誰にでも喜ばれます。

 

せっけん
オーガニックのものが人気です。

 

タオル
定番中の定番がタオルのセットです。
いくつあっても困らないものの定番です。

 

カタログギフト
こちらで選ばず、相手が決める事ができるので
失敗する可能性は少なくなります。

 

 

おすすめしない!避けたいお返しの品物

よく、他サイトで「金券・ギフト券」と見かけますが
他人行儀で感謝の気持ちも感じられないのでお勧めできません。

 

 

入学祝いのお返しを贈る時のポイント

熨斗の書き方

熨斗の上部に「入学内祝」と書き
熨斗の下部に「お子さんの名前」を書きます。

水引は5本か7本で蝶結びのものにします。

 

お返しを贈るタイミング

入学祝いを頂いたのが入学式まで1週間以内であれば
お返しを贈るタイミングは入学式を終えて3日の間に贈りましょう。

入学祝いを早い時期の2月や3月など入学式まで1ヶ月以上ある時期に頂いた場合は
祖父母などの場合はランドセルを買った日
叔父や友人の場合はお祝いを受け取って5日の間に贈りましょう。

祖父母の場合は後日、入学式の写真を改めて贈ると喜んでもらえます。

 

まとめ

以上

入学祝いのお返しマナーについて、紹介しました。

お返しは基本的に必要なく

お子さん本人からの電話と手紙で感謝の気持ちを伝える事が大切です。

写真を添えればとても喜んでもらえます。

もしお返しを贈る場合は
頂いた金額の1/3から半額の品物を内祝いとして贈りましょう。

スポンサードリンク

 - 春の行事・イベント