四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

恵方巻きの食べ方!途中にお茶や飲み物はアリ?口から離さない?動画

      2015/12/22

恵方巻き 食べ方

恵方巻きを家族で楽しみたいけど

食べ方」は何が正しいんだろう?!

恵方を向いて食べる意外にも人によっては

黙って食べる
噛み切らない
間に他のものを食べない
笑ってから食べる

などなど

けど、笑う意味が分からないし、
途中で水やスープが飲みたくなるし
噛み切らないとか・・・

正しい食べ方とせめて意味が知りたい!
今回は恵方巻きの食べ方について紹介します。

スポンサードリンク

恵方巻きの正しい食べ方!途中にお茶や飲み物はアリ?口から離さない?無言はいつまで?笑うの?立つか座るか?目はつぶる?

まず、恵方巻きの食べ方について

一般的な2つのポイント(作法)を紹介して、
その理由などに触れていきたいと思います。

恵方巻きを食べる時のポイント(作法)

・その年の歳神様の御在所(恵方)に向く
・無駄口をたたかず(無言)、お祈り(願い事)は他言無用

と、意外や意外にも、この2つだけです!

というのも、恵方巻きの元である

・大正時代の大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べるという風習
・大阪で広まりを見せた、大阪鮓商組合のチラシ「節分の日に丸かぶり ~この流行は古くから花柳界にもてはやされていました。恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる」

からは、

恵方を向く事と無言である事、願い事をする事しか分からないからです。

ですので、「正しい」というより「元を習い、一般的」なのは

・その年の歳神様の御在所(恵方)に向く
・無駄口をたたかず(無言)、お祈り(願い事)は他言無用

の2点となります。
元がはっきりと決まりがあり、行われた行事ではないので
「正しい」作法やマナーなど食べ方はありません。

その後、大阪から全国へと広まる過程で
家庭や地域毎に様々な恵方巻きの食べ方が伝わっているのです。

ですので、地域毎に多少の違いがあり

・最後まで無言であるのか、願い毎が終わるまで無言であるのか
・かみ切ってはダメか良いのか
・口から離さないのか離して良いのか
・立ってか座ってか
・目をつぶる、つぶらない
・笑ってから食べる。食べた後に笑う
・具材は華美に走らず普段通りの食材か何でも良いのか
・具材は7種類かそうでないか

などなど
地域毎に違いが生まれ、広まりました。

ですので、

恵方巻きを食べる時のポイント(作法)

・その年の歳神様の御在所(恵方)に向く
・無駄口をたたかず(無言)、お祈り(願い事)は他言無用

となります。

 

大阪の北にある我が家は昔から

・その年の歳神様の御在所(恵方)に向く
・無駄口をたたかず(無言)、お祈り(願い事)は他言無用

に加えて

・食べ終わるまでしゃべってはならない

というルールで伝わっています。
途中で噛み切るのも、醤油を付けるのも、お茶や水など飲み物を飲むのもアリでした。

恵方巻きをお茶や飲み物なしに、それも口から離さず食べるのは想像するだけで大変です。
お茶や水など飲み物やみそ汁などないと食べてられません。

また、わたしが親元を離れてからは、
上記の恵方巻きの食べ方の広まりの過程での食べ方の違いを知って、

お祈り(願い事)が終わったらしゃべっても良い!
楽しくしゃべりながら美味しいお寿司を食べよう!

というルールでやっています。

スポンサードリンク

恵方巻きの正しい食べ方!途中にお茶や飲み物はアリ?口から離さない?無言はいつまで?笑うの?立つか座るか?目はつぶる?

ネットニュースなどで目にした事がある方もいると思いますが
「アスキー」の編集部の方の恵方巻きの食べ方動画は

・恵方を向いて食べる
・食べ終わるまで無言

という2点で動画が作られています。

参照:You Tube

 

ちなみに、こちらの日本語が流暢なロシア人の女性は

私の実家と同じルールで

・恵方を向いて食べる
・食べ終わるまで無言
・お祈り(願い事)をする

となっています。

参照:You Tube

 

動画からも分かるように、

恵方巻きを食べる時のポイント(作法)

・その年の歳神様の御在所(恵方)に向く
・無駄口をたたかず(無言)、お祈り(願い事)は他言無用

で、その他のルールは

全国に広まる過程で付属してきたルールになります。

ちなみに、食べ終わるまで「無言」というルールも特に多く広まっているのは

日本には「無言参り」など
寺や神社の神前では無駄口をたたかないという風習があるからかもしれません。

 

恵方巻きの食べ方!その意味や由来について

上記でも少し記載しましたが

恵方巻きの食べ方意味由来について紹介します。

1:大正初期に大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べるという風習があった。

2:1932年、大阪鮓商組合が「節分の日に丸かぶり ~この流行は古くから花柳界にもてはやされていました。恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる」と書いたチラシを配布。

3:1973年頃、大阪海苔問屋協同組合が「節分の夜、恵方に向かって無言で家族揃って巻き寿司を丸かぶりすると必ず幸福が回ってくる。と昔から言い伝えられています」と書いたチラシを、寿司屋に海苔を納める時に配った。

4:1977年頃、海苔業界による街頭イベント「海苔祭り」が大阪・道頓堀で開催され、「節分の丸かぶり」を取り入れた「巻き寿司早食い競争」が行われた。これがマスコミに取り上げられて全国に知れ渡るきっかけとなる。

という上記の流れで
恵方巻きを節分の日に食べる文化が全国に広まりました。

 

まとめ

恵方巻きの食べ方について紹介しました。

人によっては

黙って食べる
噛み切らない
間に他のものを食べない
笑ってから食べる

などなど

聞いていても最低限守るべきは

・その年の歳神様の御在所(恵方)に向く
・無駄口をたたかず(無言)、お祈り(願い事)は他言無用

です。

後は、家族と相談しながら、家族なりの楽しいルールで楽しむのもアリではないでしょうか!

スポンサードリンク

 - 春の行事・イベント ,