四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

卒園メッセージを親から先生へ書く時の例文と書き方!

      2016/02/24

メッセージ 例文

卒園メッセージを保護者会主催で保護者から先生へ書く機会があります。

書きたいことは頭にあるのに、なかなか文章としてまとまらない。

そんなお母さん、お父さんのために保護者から先生へ卒園メッセージを書くときのポイントや例文をまとめてみました。

ポイントは「お子さんと先生との具体的なエピソード」です。

スポンサードリンク

卒園メッセージを親から先生へ書く時の例文と書き方!

筆者も実際に保護者から先生へのメッセージを書く際に伝えたい事はあるけどなかなか上手く文章にならず

いろいろと検索しながら書きましたが、なかなか参考になるサイト見つからず悩んだ経験があります。

そこで

まず例文2つ(長めのものと短めのもの)と
その書き方のポイントを紹介します。

その後、他の例文もたくさん掲載しておきますので、参考になれば幸いです。

 

親から先生への卒業メッセージ例文1(長文)
親から先生への卒業メッセージ例文2(短文)
親から先生への卒業メッセージの書き方のポイント
親から先生への卒業メッセージ例文まとめ

 

親から先生への卒業メッセージ例文その1(長文)

【例文その1(長文)】
〇〇先生へ
1年間ありがとうございました。
子どもの目線に立ち向き合って、精一杯の愛情を注いでいただいたお陰で、□□はこの一年、本当に楽しく園生活を送ることができたと思います。
園から帰っても、〇〇先生の話や〇〇先生から教えてもらった⭐︎⭐︎の歌や手遊びを教えてくれました。
(他にも遠足、運動会、夏季保育、誕生発表会etc子供と先生の思い出があれば)
楽しそうに幼稚園に通う姿を見て、親としては安心して園生活を見守ることができました。
また、子どもが元気な姿を見せてくれる事が親にとって一番の元気の源でした。
親子共々、楽しい1年間を本当にありがとうございました。

 

親から先生への卒業メッセージ例文その2(短文)

【例文その2(短文)】
○○先生へ
○年間ありがとうございました。
□□は、家ではよく私に先生のことを話してくれていました。
先生とのやりとりの話が聞けなくなるのは残念ですが、□□にとってかけがえのない園生活であったことは間違いありません。
○年間ありがとうございました。

 

親から先生への卒業メッセージの書き方のポイント

上記の構成は

  • 1:感謝の言葉
  • 2:お子さんと先生との具体的なエピソード(感謝の理由)
  • 最後:重ねて感謝の言葉、または、先生の幸せや健康を祈る一文

となっています。

保育士の友人に参考に色々とメッセージの例を聞いた時に多くがこの文章構成になっていました。

そして、やはりこの中でポイントとなるのが

「お子さんと先生との具体的なエピソード」です。

この部分を読みながら友人は園児との思い出を思い出しながら泣けてくる。と教えてくれました。

もちろん、感謝の言葉だけでもしっかりと先生への感謝は伝わりますが

より感謝の気持ちが伝わるよう

お子さんが家庭で話してくれた園でのエピソードや親が思い出に残っている先生の姿など一文でも良いので書き添えることがポイントです。

他にも

・園で大好きだった遊び
・園で頑張っていたこと
・入園時にはできなかったけど、今ではできるようになったこと
・親御さんからみて成長できた点

も先生として保護者から聞いてみたい点だと言っていました。

 

もう一つ別角度のポイントとしては

書く文章を決めて
一度、所定の紙と同じ大きさの紙に文章量や文字サイズなど試し書きをしてみてから所定の紙に書くのがオススメです。

 

この点を踏まえて、

他の様々な保護者から先生への卒業メッセージの例文を以下に掲載しておきますので、
参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

親から先生への卒業メッセージ例文まとめ

例文1
1年間、大変お世話になりました。○○先生が担任で本当に良かったです。
□□は、この1年、いろいろな行事を通し、成長したなぁと思うことが本当に多かったように思います。
出来なかったことが、どんどん出来ていく□□を見て、毎日が新しい発見の連続でした。
特に運動会では、笑顔で一生懸命に踊る姿が印象的でした。
これも○○先生が日頃から子供達に一生懸命に接し、一生懸命な姿を見せてくれていたからだと思います。
子ども達が輝けるようにたくさんの愛情を注いで下さり、本当にありがとうございました。

 

例文2
親子共々大変お世話になりました。
子供たちに真摯に向き合ってくれる○○先生のことが大好きで、
幼稚園が楽しくて“休みたい”と一度も言ったことがなく、親としては安心して園生活を見守ることができました。
先生方の熱心な様子は、帰宅した子供が全て物語っていて、様々な話を聞かせてくれました。
園での経験を通して、□□の成長の姿を見ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
最後になりますが、3年間大変お世話になり、本当にありがとうございました。

 

例文3
〇〇先生へ
子供たちに真摯に向き合ってくれる○○先生のお陰で、□□はこの一年、本当に成長してくれたと思います。
幼稚園が大好きで、先生のことも大好きで、「小学校に行きたくないなぁ」と寂しそう言っています。
これも○○先生がいつも楽しい方へ導いてくださったからだと思います。
一年間、本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

 

例文4
子供達に一生懸命に接する〇〇先生は○○私から見てもとても輝いていました。
一生懸命な大人の姿に親子共々、学んだように思います
⭐︎⭐︎幼稚園に入園させて良かったと心から思います。
本当にありがとうございました。

 

例文5
○○先生
入園時にはできなかったことが、できるようになっていく□□を見ていると、
○○先生には感謝の気持ちでいっぱいです。○年間ありがとうございました。
これからもお体を大切にして、保育士さんとしてのご活躍と、プライベートでのお幸せをお祈りします。

 

まとめ

保護者から先生へのお礼ということで子供への文章とは違い文章がなかなかまとまらないこともあるかと思いますが

紹介した書き方のポイントと文例が参考になれば幸いです。

お子さんが思い入れのある先生であれば、親としても感謝の気持ちをしっかり伝えたいと思い、色々と文章を考えると思います。

お子さんが家庭で話してくれた園でのエピソードや園で大好きだった遊び、園で頑張っていたことなど

具体的なエピソードを加えて感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 春の行事・イベント