四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

連休に新幹線の自由席に座るコツ!東京 名古屋 京都 新大阪 福岡!

   

帰省ラッシュ お盆 新幹線

連休中に新幹線の自由席に座れるだろうか?

指定席なら座れるのはわかっているけど
時間的な制約がない指定席の方がチケットを取りやすく

自由席を利用する方も多くいると思います。

自由席でも座れるなら、もちろん座りたい!

そんな方へ

他サイトでも紹介されている自由席でも座りやすいコツはもちろん

乗車駅によっても自由席で座れる可能性が上がるコツは違うので

・新大阪から乗る場合に自由席の座れるコツ
・京都や名古屋から乗る場合に自由席の座れるコツ
・博多から乗る場合に自由席の座れるコツ

も紹介します!

スポンサードリンク

連休に新幹線の自由席に座るコツ!

まずは乗車駅がどこであれ使える共通の新幹線の自由席に座るコツです!

他サイトでも良く見るものに プラスα してあります!

全部で6つです!
*乗車駅ごとの自由席に座るコツは下部へ

1:閑散期でも混雑する!閑散期の罠にはまらない
「閑散期」と聞くと利用者が少なく自由席でも座りやすい!

と思い浮かべると思いますが

閑散期の罠があります。

それは、「利用者は少ない。が、便も少ない!」ということです!
多い時の約半分にまで便が減少している時もあります。

つまり、閑散期も自由席は混雑するので、閑散期も座れるコツを意識するのが大切です!

 

2:「こだま」は狙い目!
こだま号には12号車~16号車あたりに自由席が設置される新幹線があります。

ですが、『自由席といえば1~5号車あたり』と多くの方が思い込んでいるため、
このような自由席が後ろに設置される新幹線は狙い目です!

 

3:偶数号車を狙う!
こちらは定番ですが、運転席のある戦闘車両、洗面所やトイレの設備がある奇数号車はその分だけ座席スペースが狭くなっています。

ですので、偶数号車の方が座席が多く、列車待ちの列の人数が同じくらいなら、偶数号車の方が座れる可能性は高くなります。*ちなみに、朝の通勤時と似たように階段から近いホーム中央よりの方が混雑する場合が多いです

 

4:座れなかった場合は車両の中央に立って待つ
自由席に座れない場合、多くの方が連結部デッキに立ってしまいます。

しかし、途中駅で人が降りて席が空くこともあるので車両の中央に立って待つのがオススメですよ。

 

5:1〜2本は待つ
特に始発駅であれば1〜2本待てば確実に座れます。

ただ、気をつけていただきたいのが、発車数が多いホームの下調べが必要です!

一本見送っても次の新幹線が全然来ない!ということがありえます。
*下記で詳しく紹介しますが、新大阪駅の「のぞみ」なら24番線ホーム!

 

6:始発駅を狙う
途中駅発着号は利用できる人の数が制限されるので東京や博多発よりも座りやすい傾向にあります!

 

*また連休に混雑しやすい日程は

  • 連休の初日、もしくは前日の夕方以降の下り
  • 連休後半の上り

です!
また、次のサイトの混雑予測データが混雑具合の目安として役立ちますよ!

http://www.tabi-o-ji.com/go/guide/congestion/

 

新大阪から東京行きで座りやすくなるコツ

新大阪駅始発の「のぞみ」は増発がある場合

どのホームからも均等に出発するのではなく、増発する列車の多くは24番線ホームから発車します。

それに対して25番線ホームや26番線ホームは1時間に1本!ということもあります!

ですので、駅のホームに行き、25番線ホームや26番線ホームが空いているから、そちらに並ぼう!というのはしないで
混雑していても24番線ホームがオススメですよ!

スポンサードリンク

京都や名古屋始発の新幹線の自由席に座るコツ!

新大阪駅始発の列車には絶対に乗らない!

これに限ります!
新大阪駅始発の列車に乗る人は、ほとんどの人が新横浜以降の駅で降りる人なので京都や名古屋で降りる可能性はほぼありません。

逆に新大阪より前の駅から乗車した人は京都や名古屋で降りる可能性もあるので、座れる可能性が段違いですよ!

 

博多から新幹線の自由席に座るコツ!

こちらは東京駅や他の始発駅と同じで、最初のコツで紹介した

1〜2本は待つ

これを実行すれば座れます。

ただ、重ねて注意になりますが「発車数が多いホームの下調べが必要です!」

 

まとめ

以上

  • 自由席でも座りやすいコツ

  • 新大阪から乗る場合に自由席の座れるコツ
  • 京都から乗る場合に自由席の座れるコツ
  • 名古屋から乗る場合に自由席の座れるコツ
  • 博多から乗る場合に自由席の座れるコツ

を紹介しました。

指定席なら座れるのはわかっているけど
時間的な制約がない指定席の方がチケットを取りやすく自由席を利用する方も多くいると思います。

自由席でも座れるなら、もちろん座りたい!

そんな方の参考になっていれば幸いです!

スポンサードリンク

 - 行楽・余暇