四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

喪中はがきの文例(夫・父・母・義父・義母)一言添えについて!

   

喪中 はがき

喪中はがきの文例・例文や一言を書くことのマナーについて紹介します。

夫・父・母・義父・義母など続柄に関係なく

共通の構成があるので
まずは基本構成を捉え、ご自身の言葉に直してください。

最後に具体的な文例・例文を紹介しているので参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

喪中はがきの文例(夫・父・母・義父・義母)一言添えについて!

喪中はがきの
「誰の喪に服するのか」に関係なく

喪中はがき文例共通の構成があります!

まずは、その喪中はがきの構成を紹介します。

下記で具体的な文例を紹介しますが
基本構成さえあれば、あとは自分の言葉に直して頂けるとおもいます。

 

喪中はがきの基本構成

(1) 書き出しと結び
頭語や結語は用いません。
手紙には必ず用いられる拝啓などの頭語や結語は必要ありません。
時候の挨拶などの前文も用いません。

 

(2) まず喪中であることを告げる
まず喪中のために年末年始のご挨拶を欠礼する旨を伝えます。

具体的には

「喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます」
「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます」
「喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきます」
「喪中のため新年のご挨拶を失礼させていただきます」

などです。

 

(3) 誰の喪に服しているのかを書く
誰がいつ亡くなり、自分が喪に服しているのかを記載します。

具体的には

「本年×月に(続柄)(故人の名前)が○歳にて永眠いたしましたしました」
「(続柄)(故人の名前)が本年□月に○歳にて永眠いたしました」
「×月に(続柄)(故人の名前)(享年○歳)が永眠いたしました」

などです。

 

(4) 日頃のおつき合いの感謝の言葉と新しい年に関する挨拶の言葉を入れる
こちらは、年賀状や手紙などでもよく記載する日頃の感謝の言葉です。

具体的には

「平素のご厚情に深く感謝申し上げますと共に
これからも変わらぬおつき合いのほど何卒宜しくお願い申しあげます」
「永年にわたるご厚誼に深謝致すと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます」
「永年にわたるご厚誼に心から御礼申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます」
「本年中に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます」

**喪主として故人の代わりの挨拶**

「これまで賜りましたご厚情に、
 故人になり代わりまして厚く御礼申し上げます」

などです。

 

*記載しない人も多い
(5)結びの挨拶を述べる
記載しない人も多いのですが、結びの挨拶として相手の健康や幸福、繁栄を祈る挨拶を最後に述べます。

具体的には

「皆様に良い年が訪れますようお祈り申し上げます」
「皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております」
「時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます」
「寒さ厳しい折柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます」

などです。

 

続いて

(6) 日付
(7) 住所
(8) 差出人名

を記載します。

どの喪中はがきもほとんどがこの基本構成になっていますので

特に
「(4) 日頃のおつき合いの感謝の言葉と新しい年に関する挨拶の言葉を入れる」

の所で自身の言葉に直し、感謝の気持ちを述べて頂ければと思います。

 

喪中はがき一言メッセージはマナー違反?

一言のメッセージを記載しても良いのですが

喪に服すため新年の挨拶状を欠礼する挨拶状ですので、遊びの話しなど軽い内容は避けてください。

基本的に記載しなくていいでしょう。

一言メッセージを書くなら

「御会葬有難う存じました」
「法要にご出席たまわり厚く御礼申し上げます」

などだと思います。

 

続いて
具体的な喪中はがきの文例を紹介します。

スポンサードリンク

喪中はがきの文例(夫・父・母・義父・義母)サンプル!

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮させて頂きます
夫 (山田 太郎)(○歳)去る×月××日に永眠いたしました
平素のご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明くる年が皆様にとりまして良き年でありますようお祈り申し上げます

 

喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます
本年×月に義父(故人の名前)が○歳にて永眠いたしましたしました
平素のご厚情に深く感謝申し上げますと共に
これからも変わらぬおつき合いのほど何卒宜しくお願い申しあげます

 

喪中のため新年のご挨拶を失礼させていただきます
義母(故人の名前)が本年□月に○歳にて永眠いたしました
永年にわたるご厚誼に心から御礼申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます
皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております

 

喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます
祖父 (山田 太郎)(○歳)去る×月××日に永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます
来る年も変わらぬおつき合いのほど宜しくお願い申し上げます

 

喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます
母 (山田 花子)が本年□月に○歳にて永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに
来る年も変わらぬご指導のほど宜しくお願い申し上げます

 

まとめ

以上

喪中はがきの文例・例文や一言を書くことのマナーについて紹介しました。

夫・父・母・義父・義母など続柄に関係なく

共通の構成があるので
まずは基本構成を捉え、ご自身の言葉に直してください。

最後に具体的な文例・例文を紹介しているので参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 年末年始 ,