四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

インフルエンザ予防接種直後の授乳は?防腐剤・卵アレルギー大丈夫?

   

インフルエンザ 予防接種 授乳

授乳中の小さなお子さんがいる場合

インフルエンザ予防接種についても気になる事が・・・
そこで、

  • 授乳中でもインフルエンザの予防接種をしても良いか
  • 接種後母乳を与えても大丈夫か
  • 子供が卵アレルギーの場合も母乳を通して予防接種ワクチンは影響しないか
  • 防腐剤を含むインフルエンザ予防接種

4点についてお答えします。
結論だけ書くと「授乳中のインフルエンザ予防接種は受けても大丈夫です。」
*卵アレルギーは要相談

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種直後の授乳は大丈夫?

授乳中のインフルエンザ予防接種について
母乳から赤ちゃんへ影響がないか気になりますが

インフルエンザ予防接種を授乳中のママが受けても、
母乳には影響はありません。

ですので、母乳を通じて赤ちゃんに影響を与える心配はありません。
*厚生労働省のHPにも記載があります。

そして、
予防接種の効果や副作用の可能性からインフルエンザ予防接種を
受けるか、受けないかは個人の判断ですが

私は、自身がインフルエンザにかかり、長期間、子供に直接母乳できない。
子供に接触できない事が一番ダメ(私自身堪えられない)だと思い、予防接種を受けました。

理由1
医師の判断によりますが、多くの先生が万全を期して、
母親がインフルエンザで抗インフルエンザ薬を飲んでいる場合、
数日は搾母乳かミルクをオススメしています。

こうなると、母乳が出なくなるのではないかなど他の心配もあります。

理由2
また、インフルエンザの感染経路は接触感染と飛沫感染。
やはり、インフルエンザにかかってしまうと、接触を出来る限り控えます。
この場合も予防接種により、重症化せず早期回復であれば、最悪インフルエンザになっても・・・と思いました。

インフルエンザ予防接種は感染を防ぐものより
重症化を防ぐ事が目的であると理解しています。
*感染に関しては、予防対策しかない。それでもかかる時はかかる。

そう考えると、一番は子供ですので
母乳に影響がないのであれば、

スポンサードリンク

しっかりインフルエンザ予防接種をして、いらぬ心配(最悪のケース)を減らそうと考えました。

そこで、次に気になるのが防腐剤についてですが

インフルエンザ予防接種の防腐剤は授乳への影響は?

妊婦の時に通っていた産婦人科で防腐剤なしの
インフルエンザ予防接種を受けていました。

授乳中も防腐剤が入っていないワクチンで予防接種を受けた方が良いと考え

出産した産婦人科に問い合わせたところ、
その産婦人科では数に限りがあり、妊婦しか接種できないとの事でした。

そこで、
小児科などに問い合わせ防腐剤の入っていない病院を探し
予防接種を受けました。

防腐剤入りのワクチンも数年前までは
乳児の予防接種にも入っているので(大人用は入っている)心配ありませんが

念には念をと考える方は、
出産した産婦人科、小児科などへ、防腐剤の入っていないワクチンを問い合わせて下さい。

 

次に、
授乳中の子供が卵アレルギーを持っている場合、予防接種を受けても
母乳から影響を与えないかについて

 

インフルエンザ予防接種で授乳から乳児へ行かないか 卵アレルギーでも大丈夫?

必ず主治医に相談して下さい。

卵アレルギーも生卵、黄身だけ、白身だけと別れます。
ワクチンは、白身を使用していますのでタイプによります。

また、たとえ卵の白身に対するアレルギーでも

お子さんのアレルギーが軽度の場合
ワクチンが製品化される段階ではごく微量の成分が残り、
血液を巡り巡って卵成分が母乳に出てくる可能性は低く、残っていても反応しません。

主治医に相談の上、医師の判断にしたがい予防接種を受けて下さい。

 

 

まとめ

子供が乳児で小さい場合、風邪、インフルエンザ、予防接種など
ふとした事で凄く心配になりますが

インフルエンザ予防接種に関しても
メリット、デメリット、母乳への影響などプラスもマイナスも
様々な意見を総合的に取り入れ、自分にとって「一番避けたいケース」を考え判断して下さい。

そして
最後は、必ず主治医に判断を仰いで下さい。

  • インフルエンザ予防接種の母乳への影響はなし
  • 防腐剤の影響も無いが、念には念をで、防腐剤なしの方が安心
  • 息子が卵アレルギーの場合は医師に要確認。軽度なら大丈夫
スポンサードリンク

 - インフルエンザ ,