四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

インフルエンザ予防接種費用2015ー2016!違い、効果は?

   

インフルエンザ 予防接種 費用

冬場に頭を悩ませるのが「風邪、インフルエンザ」

インフルエンザ予防接種を毎年受けるのは、
インフルエンザウイルスが毎年少しずつ変化するので
ウイルスの変化に合わせて製造されるからです。

今年のインフルエンザの予防接種では重要な変更点がありますので

  • 2015インフルエンザ予防接種の『費用』
  • 2015『ワクチンの違い』
  • 2015インフルエンザ予防接種の効果

を紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の費用2015ー2016

まず、直接的で大きな変化が

費用が『昨年より500円〜1000円高く』なるかもしれません。

お子さんが多い家庭では火を吹きそうです。。。

 

費用が高くなる理由は
国内4社が製造する季節性インフルエンザワクチンの販売価格が、
一律に昨年の1.5倍へ値上がりしたからです。

 

ワクチンは製薬大手が販売元となり、卸業者を通じて医療機関へ販売されます。

インフルエンザ予防接種は自由診療にあたり、
接種の価格・料金は医療機関が独自に設定することになっています。

自治体や市の助成制度と各医療機関の裁量で、
価格は安いところで2000円、高いところで8000円と違いがでます。
*安いからと言ってインフルエンザの製造株は日本全国共通。医療機関によって差はほぼない。
*防腐剤の有無など!妊婦は防腐剤なしを!

しかし、今年は
その販売元の価格が一律で値上げしているので

昨年よりどの医療機関も

500円〜1000円高くなる事が予想されます。
*安いところを探すなら、各医療機関へ電話しましょう!

 

値上げによる接種率低下の心配など、
マイナス面が目立つ中、なぜ値上げしたのか?!

それは・・・

インフルエンザ予防接種2015ー2016のワクチンの違い

マイナス面が目立つ中、値上げとなったのは

昨年よりも多い抗原を持つワクチンになったからです。
(パワーアップ)

スポンサードリンク

インフルエンザ 予防接種 費用

画像のように昨年までは、
A型2種類、B型1種類(毎年、専門家が流行を予想しB型2種類のうち1種類を選ぶ)の3種類の抗原を持つワクチンが使われていましたが

ここ数年、B型の2種類が混合したウイルスの流行が続き、予測が難しい状況になっていました。
*今までB型は流行性はA型より弱く、1度かかると免疫も出来やすいとされていました。
*WHOも抗原3種類を推奨していたので、予測すれば高確率で当たっていた。

予測が外れるとB型の抗原は無意味ですので、改善するために

以下の画像のようにA型2種類、B型も2種類の抗原を持つ4価のワクチンが推奨されるようになったのです。

インフルエンザ 予防接種 費用

では、ワクチンがパワーアップしたのは分かるが、
肝心なのはインフルエンザ予防接種の効果です。

 

インフルエンザ予防接種今年の効果はあるない?

肝心なのはワクチンが3価から4価へ代わり、
インフルエンザ予防接種の効果が高まったのかですが

WHOも2013年から4価ワクチンを推奨し始め、
アメリカでは2013-2014の期間で4価のワクチンを導入し、
A型・B型インフルエンザの重症化予防に有効であると報告しています。

 

今年、9月に東京との調布市小学校で早くもインフルエンザで学級閉鎖となったのは有名ですが
この時のインフルエンザウイルスはB型だったそうです。

 

この事から、今年はB型が警戒されることが分かり、
B型2種類に対応した4価のワクチンは高くなったとはいえ、

今年、予防接種を受ける価値があるかもしれません。

 

まとめ

今年は費用が高くなったので、
予防接種を受けられる方は、家計簿の準備を!

安いところを探すのであれば、
近くの医療機関にそれぞれ電話してみましょう。

今年の流行はB型かもしれないんので、
高いとはいえ、今年の予防接種の価値はあるかもしれません。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ