四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

赤ちゃんの風邪予防方法!外出時の対策!必須グッズ!

      2015/12/08

画像

大人の半分の免疫しかない赤ちゃんは風邪をひきやすく心配ですよね。

特に冬は感染症に注意が必要!

他の家庭ではどのように赤ちゃん風邪予防をしているのでしょう?!

今回は
ママ達に聞いた

  • 赤ちゃんの風邪予防方法
  • 外出時の予防対策
  • 必須グッズ

を紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの風邪予防方法!感染経路と対策!手洗いうがいは基本!

赤ちゃんの風邪予防対策のためにも、
冬の感染症の感染順序をしっかり知る事が大切です。

冬の感染症として避けたいのが

インフルエンザやノロウイルス、ロタウイルス

感染経路は

飛沫感染と接触感染

飛沫感染は空気中の菌が
口や鼻の粘膜について、そこから発症します。

接触感染は手などの皮膚に付いた菌が
口や鼻の粘膜について、そこから発症します。

ですので、
この感染経路のどこかで風邪の菌を断つのが予防対策です。

 

【家にいる時の予防対策】

その1:大人の対策が肝心
赤ちゃん自身が外に出る事はほとんどなく
ママやパパが菌を持ち帰るので

帰宅したら洗面所へ直行して
手洗いうがいを徹底しました。
パパは帰宅1番にお風呂も!

また、それでも部屋に入ってくる菌は
加湿器とエアコンで湿度と温度を22度の55%に保っていました。

手荒いと、うがいは基本ですね!

 

その2:水分補給
のどが乾燥すると(粘膜の乾燥)
ウイルスが体内へ入りやすくなります。
こまめな水分補給を赤ちゃんはもちろん
パパもママも徹底しましょう。

 

その3:鼻水を放置しない

鼻水にはウイルスもいるので
長時間放置すると、それだけウイルスが粘膜から体内へ入りやすくなります。
鼻がぐずぐずしてきたら鼻水吸い器でこまめに吸い取ってあげましょう。

 

続いて
外出時の赤ちゃんの風邪予防対策!

スポンサードリンク

赤ちゃんの外出時の風邪予防方法!必須グッズ!

あまり外には連れ出したくないけど、

赤ちゃんを連れて外出しないとダメな時は多くあります。

外出時の赤ちゃんの風邪予防の方法を紹介します。

 

【外出時の赤ちゃんの風邪予防の方法】

その1:感染経路を断つ
帰宅したら、感染経路の手や口と鼻のまわりはもちろん、顔や首などを
ぬるま湯で絞ったタオルで丁寧にふいてあげましょう。

ぬるま湯でふいてから、消毒ジェルなどで拭くとなお良しです。

 

その2:菌を出来る限り持ち帰らない
そもそも菌をあまり持ち帰らないためにも予防グッズの利用がおすすめです。

外でもこま目に除菌シートやジェルで手を拭いてあげればかなり予防ができます。
やり過ぎですが大人でも20分に1回手荒いとうがいをすると99%予防できるという話もあります。

赤ちゃんが触りそうなテーブルや椅子、買い物カートなども先に除菌シートで拭きましょう!

 

その3:おむつ台に注意
不特定多数の人が利用するおむつ交換台!
感染症ウイルスが付着している可能性が高く
利用する際はおむつ替えシートなどを敷き、体が直接触れないようにする事も大切です!

 

赤ちゃんの風邪予防方法!外出時の対策!必須グッズ!

上記でも紹介しましたが

特に外出時などには

  • 除菌シート
  • 除菌ジェル
  • 並び項目

などが大活躍します。

下手は予防グッズを買うよりも
除菌シートとジェルでこまめに拭いてあげましょう。

 

まとめ

他の家庭ではどのように赤ちゃん風邪予防をしているのだろう?

ママ達に聞いた

  • 赤ちゃんの風邪予防方法
  • 外出時の予防対策
  • 必須グッズ

を紹介しました。

スポンサードリンク

 - 疾病予防対策 , ,