四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

便秘薬の即効性や酸化マグネシウム・非刺激性について!妊婦が飲む場合は?

   

薬

便秘でお腹が張って痛い。眠れない。食欲がない。お腹も張って太って見えるし辛いですよね。特に季節の変わり目は自律神経の乱れから便秘にもなりやすい時期。

筆者も腸の調子が悪く、便秘薬を買おうと薬局へ!ところが便秘薬にも色々と種類があるようで頭を悩ませた経験があります。特に最近では刺激性と非刺激性があるなどもラジオなどから聞こえて、言葉としては聞いたことのある方も多いと思います。

便秘の症状によっては便秘薬が逆効果になることもあるため、便秘の症状や刺激性や非刺激性などなどの違いを知っておくことは大切です。

そこで、同じように便秘薬についてお困りの方へ、便秘薬の刺激性や酸化マグネシウム系(非刺激性)の種類や便秘の症状によっての選び方などを紹介します。

スポンサードリンク

便意が来ない便秘には即効性のある刺激性の便秘薬

便意が来ない人は腸の運動が停滞しているので「刺激性の便秘薬」が必要になります。この腸の運動が停滞している状態を弛緩性便秘と言い、生理前に起こりやすく、女性の多くがこの弛緩性便秘に悩まされています。弛緩性便秘は刺激性の便秘薬によって腸の働きを促進さえ、便の排出を促します。

刺激性の便秘薬で注意が必要な点が3点

  • 「妊婦さんと授乳中の方は服用ができません」
  • 「腸が活発になりすぎている痙攣性便秘には逆効果です」
  • 「飲み過ぎに注意が必要です。飲み過ぎると腹痛を起こしたり便秘薬なしには便がでないという依存症状が出ることもあります」

刺激性の市販の便秘薬としては

スルーラックS
コーラック
タケダ漢方便秘薬

が薬局で買えるものになります。

スポンサードリンク

 

酸化マグネシウムを使った非刺激性の便秘薬について:妊婦さんにも?

便意はあっても便が固くて、出てこない。そんな便秘に悩まされている人、いきんでも出ない方は酸化マグネシウムを使った便秘薬(非刺激性の便秘薬)が必要になります。

酸化マグネシウムによって腸内の塩分濃度を高めることで腸壁から腸内の水分を取り込みやすくし、弁を柔らかくする目的があります。非刺激性なので、効き目は遅いですが、お腹が痛くなりにくくなります。

酸化マグネシウムを使った市販の便秘薬としては

3Aマグネシア
マグミット

などがあります。

マグミットは産婦人科でも処方される便秘薬です。ただ、妊婦の方や授乳中の方は飲む時期や出来れば便秘薬を飲まない生活改善が良いことなどから、必ず産婦人科の医師に相談するようにしましょう。

注意・副作用としては、

  • 「腸内の水分を多くするので軽い下痢や軟便」
  • 「腎不全患者は医師に要相談」

という点が挙げられます。

 

食物繊維が足りない便秘とは?

食物繊維が足りない便秘と言っても、どんな便になるのかなど分かりませんよね。筆者も便秘になると食物繊維が足りないのかと安直に考えていましたが、食物繊維が足りない場合の便秘は、便意はあっても便が固く、小さなコロコロしたような便になります。

このような便秘の方は食物繊維が多く含まれた便秘薬が必要になります。

食物繊維の取れる便秘薬

イージーファイバー

また似たような症状で、便意はあるけれども固く、黒い便で出にくい。便秘だと感じる場合は腸内環境が悪くなっている可能性が高いので、腸内環境を整えれる、乳酸菌やビフィズス菌が摂取できる新ビオフェルミンなどになります。

まとめ

以上

便秘薬の刺激性や酸化マグネシウム系(非刺激性)の種類や便秘の症状によっての選び方などを紹介しました。

もちろん、便秘薬は最終手段で基本は私生活の見直しだとは思いますが、便秘でお腹が張って寝苦しかったり、食欲がなかったり、仕事に集中できなかったり辛い場合は筆者は便秘薬を服用しています。

便秘薬を買おうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 疾病予防対策