四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

インフルエンザと腰痛 症状と対処法!眠れない痛みの緩和方法!

   

インフルエンザ 腰痛

今年もインフルエンザが流行っています。

発熱、軽い頭痛、寒気、ひどい腰痛…etc

上記の症状があってインフルエンザかもしれない。

と心配される方も多いはず。

今年は「痛い腰痛」に悩まされる方が多いようです。

中には眠れないほど痛い腰痛や、解熱後も腰痛だけが続く方もいます。

このように、インフルエンザで特に腰痛のひどい方のために

・インフルエンザでの腰痛の症状
・痛みを和らげ緩和する対処法

をまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザでの腰痛の症状

腰痛をなんとかする方法を簡潔に書きたいのですが

インフルエンザと腰痛の関係を理解しておかなければ、ただの腰痛とインフルエンザでの症状では対処法も変わってきますので

まず、インフルエンザでの腰痛の症状と対処法の大筋を紹介します。

 

インフルエンザでは風邪とは違い

腰痛、首、肩、腕、足などの関節痛、筋肉痛など

全身の痛みが出ることが多くあります。

ですので、ただの腰痛ではなくインフルエンザによる症状である可能性は大いにありえます。

インフルエンザでの腰痛の場合
インフルエンザウイルスに体が反応して
ウイルスを退治するために発生するサイトカインと一緒に発生する「プロスタグランジン」という物質が発熱作用、発痛作用を持っているための影響なので、インフルエンザウイルスが完治すれば、腰痛も自然と治っていきます。

しかし、

元々の腰痛持ちの方や

インフルエンザが治っても腰痛が続くようでしたら、他の変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などを疑い

整形外科でレントゲン検査をされることをお勧めします。

ですので、インフルエンザでの腰痛の対処法の大筋は

  • 1:プロスタグランジンを抑えて腰痛の痛みを和らげながら(腰痛のストレッチなどではなく)
  • 2:インフルエンザウイルスをしっかり退治する

となります。

インフルエンザウイルスの完治は医師の診察を受けて抗ウイルス剤を服用しなければならないので

インフルエンザで腰痛に悩まされている。その可能性が高い方は

次に紹介するプロスタグランジンを抑えて腰痛の痛みを和らげる方法を試してみてください。

スポンサードリンク

インフルエンザでの腰痛の対処法!眠れない痛みの緩和方法!

インフルエンザでの腰痛の痛みを緩和する方法を5つ紹介します。

上記で説明したようにインフルエンザでの腰痛はプロスタグランジンという物質が原因ですので

この物質を抑え、インフルエンザを早期回復に持って行く方法です。

 

1:冷やす!インフルエンザでの腰痛を緩和する!

インフルエンザで腰痛の場合、よく冷やすのか温めるのか悩んでしまいますが

正解は「短時間だけ冷やす」

のが腰痛の痛みを緩和するのに最適です。

なぜなら、

インフルエンザで腰痛は

プロスタグランジンが作用して血管を広げ、発熱させて免疫細胞が活発になっている状態なので

冷やすことで血管が収縮して炎症による痛みを和らげることができます。

ただ、プロスタグランジンは悪いばかりではなく、発熱させて免疫細胞が活発になり、ウイルスを駆除しようとしている状態なので

冷やしすぎると免疫細胞が働かずに、治りが遅くなってしまいます。

ですので、眠れない痛みや動けないほどの痛みの場合に「短時間」冷やして少し痛みを和らげ寝てしまうことがオススメです。

保冷剤をタオルで巻いて10分程度冷やすのが最適です。

 

2:横向きに寝る!インフルエンザでの腰痛を緩和する!

腰に負担をかけない寝方は仰向けよりも、横になることで腰の負担を軽減することができます。

左(右は大きな血管が多い)をしてにして足を軽く曲げ、横向きで寝てみてください。

ただでさえプロスタグランジンで血管が拡張しているので、これ以上、腰の血管を圧迫しないために横向きが最適です。

 

3:さする!インフルエンザでの腰痛を緩和する!インフルエンザでの腰痛を緩和する!

単純ですが、痛みがあるところをさすることに神経の興奮を鎮め、痛みを少し軽減することができます。

強くこすると、余計に血流を良くして痛みが増します。

 

4:コルセットを使う!インフルエンザでの腰痛を緩和する!

コルセットは腰の筋肉を極力使わないようにするため、余計に腰を動かし、腰の血流を良くする心配がありません。

 

5:解熱鎮痛剤を使う!インフルエンザでの腰痛を緩和する!

「カロナール」や「ルル」などの解熱鎮痛剤はプロスタグランジンの分泌を抑える働きがありますので

腰の痛みを抑えることができます。

ただ、冷やすのと同じで解熱鎮痛剤でプロスタグランジンを抑えすぎてもインフルエンザウイルスを退治できなかったり

他の症状を誘発してしまう可能性があるので

必ず、医師や薬剤師へ相談してみてください。

 

 

まとめ

以上

インフルエンザでの腰痛の場合の症状と対処法を紹介しました。

今年もインフルエンザが流行っています。

今年は「痛い腰痛」に悩まされる方が多いようです。

中には眠れないほど痛い腰痛や、解熱後も腰痛だけが続く方もいます。

このように、インフルエンザで特に腰痛のひどい方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 疾病予防対策