四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

花粉症で皮膚や顔のかゆみは出る?花粉皮膚炎の症状が近年増加中!

   

花粉症 皮膚 かゆみ 顔 症状 対策 市販薬

春は皮膚がかゆかったり、カサカサで赤くなって、ひどい時には皮が剥けてきたり、化粧ノリが悪い…

花粉症が原因?!、でも花粉症でこのような症状は出るのだろうか?

そんな、あなたは

花粉症皮膚炎」かもしれません。

最近では花粉症で「湿しん」が出る人も多くなっています。
*アレルギーの自覚がない人も少なからず花粉に刺激を受けています

本日は

花粉症で皮膚のかゆみや肌荒れなどの症状が出るときの

  • 春に多い症状症状(花粉症皮膚炎の詳しい症状)
  • 春の肌荒れ対策方法(花粉症皮膚炎の対策はもちろん)

を紹介します。

スポンサードリンク

花粉症で皮膚や顔のかゆみは出る?花粉皮膚炎の症状が近年増加中!

一般的な花粉症は「鼻水や鼻づまり」など鼻の症状のイメージが強く

顔や首、手足など、皮膚が全体的に荒れたり赤くなったりかゆみが出るのは花粉以外が原因じゃないか?!と思う方もいますが

花粉症皮膚炎という花粉によるアレルギー性の皮膚炎があります。

この花粉症皮膚炎の症状

主に顔や目のまわり、首の露出部分の皮膚に
乾燥によるカサカサ、かゆみ赤み(稀に腫れ)が見られます。
*ひどい方は全身にも

そして、患者の多くは

スギやブタクサのアレルギーで花粉症の方で、特に女性に多く発症します。
*乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎を持ってる人も

そして、近年、この花粉皮膚炎に悩まされる方が増加しています。

Point 花粉症で皮膚炎の症状はある!特にスギやブタクサのアレルギーを持つ女性

 

鼻水や鼻づまりはないけど
春になると肌が荒れる!これってなんだろう?

というアレルギーの自覚症状がない方も

実は花粉によって肌が刺激されている可能性もあります。

何が原因であれ、花粉で肌が荒れることは大いにあり得るので

花粉の対策が重要です!

そこで

続いて「花粉による皮膚のかゆみ赤みなどトラブル対策」を紹介します。

 

花粉皮膚炎のかゆみや春の肌トラブル全般の対策方法5選

花粉症 皮膚 かゆみ 顔 症状 対策 市販薬

まず、花粉症による皮膚のかゆみなど肌トラブルの医師の治療方法を紹介すると

・保湿剤とステロイド剤の外用
・抗ヒスタミンと抗アレルギーの内服

となります。

アレルギー反応ですので、

抗ヒスタミンと抗アレルギー薬の服用と

肌バリア機能を高めるための保湿

炎症を抑えるためのステロイドの外用になります。

 

続いて

自宅でできる花粉による皮膚のかゆみなど肌トラブル対策として
*花粉でなくても、春の肌荒れが気になる人にも効果的!

(1)保湿で皮膚バリアUP
(2)冷温浴で自律神経UP
(3)花粉をつけない。ついてもすぐに落とす
(4)食べ物で対策
(5)花粉による皮膚のかゆみに効く市販薬

を紹介しますが

その前に、なぜ春は肌が荒れやすく、皮膚トラブルの原因が多いのかを知ることが対策を実際に実施する上でも大切です。

春の皮膚のかゆみや赤みなどの原因

それは、

皮膚のバリア機能が低下によるものです。

なぜ皮膚のバリア機能が春に低下しやすいのかと言うと

春は
・紫外線が強くなること
・気温の変化も大きく寒暖差で自律神経が不安定

という原因で皮膚のバリア機能が低下します。

ですので、
春は油分と水分のバランスが崩れ皮膚のバリア機能が低下しやすい季節なんです。

このように皮膚バリア機能が低下した皮膚に花粉が付着すると、

肌は「異物が着いたぞー炎症(熱)を起こしてやっつけろ!」と炎症を起こします。

ですので、皮膚のバリア機能に重要な水分と油分のバランスを整える対策が

花粉症の方の皮膚のかゆみや肌トラブル対策はもちろん、

春に肌荒れを起こしやすい方の対策で重要な点になります。

Point 春は皮膚のバリア機能に重要な水分と油分のバランスを整える対策が大切

 

続いて春の皮膚のかゆみや赤みなどの具体的な対策は

花粉症 皮膚 かゆみ 顔 症状 対策 市販薬

(1)保湿で皮膚バリアUP

皮膚のバリア機能に重要な水分と油分のバランスを整える潤い(保湿)により

花粉がつきにくい皮膚の状態を作ることが出来ます。

 

(2)冷温浴で自律神経UP

自律神経が気温差によって崩れることは上記の春に肌荒れが多い理由で説明しましたが

この自律神経の回復に効果的なのが

温度差30度で温かいお湯と冷たい水を交互に浴びる冷温浴です。

わざわざ、水風呂などを用意する必要はなく、

花粉皮膚炎が主に出る

首から顔の患部に水とお湯を交互にかけて、自律神経の回復を促してください。

スポンサードリンク

(3)花粉をつけない。ついてもすぐに落とす

花粉が原因であるないに関わらず、春に肌を刺激する可能性のある花粉は

皮膚についたら、すぐに花粉を落とすことが重要です。

また、そもそもの外出時に花粉が目や皮膚に付着しにくいように、

眼鏡やゴーグル、マスクの装着、襟のある服を着ることが対策になります。

 

もちろん、花粉が皮膚に付着しても、

かゆいからと、こすったり、かいたりしすぎないようにして下さい。

外出先などでも、冷やしたハンカチなどで花粉を拭き取ったり、

患部を冷やすことで、かゆみや炎症を抑えることができます。

 

(4)食べ物で対策

ビタミンA:肌(粘膜)の潤いを保つ
かぼちゃ、小松菜、人参など

ビタミンB群:新陳代謝を促す
B1→玄米
B2→鰻、卵、納豆
B6→バナナ
B12→牛乳
ナイアシン→マグロ
パントテン酸→牛乳
葉酸→小松菜、ほうれん草
ビオチン→レバー類、落花生

ビタミンC:保湿
パセリ、ブロッコリー、いちごなど

マグネシウム:皮膚細胞の代謝
穀類、大豆

 

(5)花粉による皮膚のかゆみに効く市販薬

市販薬の外用としてステロイド入りのものが

フルコート軟膏

市販薬の外用として非ステロイドのものが

HPクリーム 25g
メンソレータム ADクリームm 145g

になります。

市販薬の服用は

アレジオン

が副作用の眠気も弱く、服用しやすい薬になります。

アレグラはアレジオンよりも効き目がありますが、眠気も強くなります。
*運転禁止

 

春の皮膚のかゆみや赤み 腫れを感じたら皮膚科の診察を考えよう

花粉症 皮膚 かゆみ 顔 症状 対策 市販薬

上記で説明してきましたが

花粉が原因の皮膚のかゆみなど肌トラブルとして「花粉皮膚炎」が考えられます。

主に顔や目のまわり、首の露出部分の皮膚に
乾燥によるカサカサ、かゆみ赤み(稀に腫れ)が見られます。
*ひどい方は全身にも

を感じたら

皮膚科の受診を考えてみてください。

皮膚科でもアレルギー検査は可能です(種類に限りはありますが)

鼻水や鼻づまりの症状がなくてお

花粉の多い春に特に皮膚のかゆみなど肌トラブルを感じる方は花粉皮膚炎が考えられます。

医師から処方される薬の方が市販薬よりも効き目があり、ステロイド剤も症状によってステロイドの量を考えて処方してくださるので安心です。

 

まとめ

以上

花粉症で皮膚のかゆみや肌荒れなどの症状が出るときの
*春に肌トラブルを感じる方も

  • 春に多い症状症状(花粉症皮膚炎の詳しい症状)
  • 春の肌荒れ対策方法(花粉症皮膚炎の対策はもちろん)

を紹介しました。

春は皮膚がかゆかったり、カサカサで赤くなって、ひどい時には皮が剥けてきたり、化粧ノリが悪い…

花粉症が原因?!、でも花粉症でこのような症状は出るのだろうか?

そんな、あなたは

花粉症皮膚炎」かもしれません。

皮膚科の受診を考えてみてください。

スポンサードリンク

 - 疾病予防対策