四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

花粉症の鼻水と鼻づまりに効く薬!眠くならない市販薬!

   

花粉症 鼻水 鼻づまり 薬 効く 効かない 市販 止める 対策

花粉症で鼻水や鼻づまりが酷くて辛い。

病院に行くまでの間、市販薬でなんとか凌ぎたい。

そんな時に安易に風邪の鼻水や鼻づまりに効く薬を飲んでも一向に良くならない
という事は良くあります。

理由は花粉症に効く薬と風邪に効く薬は違うからです。

そこで、今回は順を追って花粉症の鼻水や鼻づまりの症状に効く薬の選び方を紹介します。

 

スポンサードリンク

ズバリ花粉症の鼻水や鼻づまりの症状に効く薬の選び方

お急ぎの方のために先に結論をズバリ答えると

眠気が少ない方が良い方は「アレグラ」
*抗ヒスタミン薬の種類はフェキソフェナジン

効き目を優先したい方は「Zの付いた鼻炎薬」
*抗ヒスタミン薬の種類はセチリジン塩酸塩

です。

理由を以下で順を追って説明します。

 

花粉症と風邪の鼻水や鼻づまりに効く薬は違う

花粉症 鼻水 鼻づまり 薬 効く 効かない 市販 止める 対策

花粉症(アレルギー系)と風邪の鼻水や鼻づまりに効く薬は違います。

ですので、

(1)症状がアレルギー系か風邪かどちらに近いかを見分け、

(2)アレルギー系ならば抗ヒスタミン薬の入った薬

(3)さらに、抗ヒスタミン薬も種類によって違いがあるので、種類の違いから市販薬を選ぶ

という順で薬を選ぶ必要があります。

 

まずは風邪なのか花粉症含めアレルギー系なのかの見分け方

紹介する花粉症などアレルギー系か風邪かの見分け方は「あくまで」指標の一つです!
*時間を作って医師の診察を受けてください。

花粉症 風邪
鼻水 透明・サラサラ 黄色・ねばねば
透明・サラサラ 黄色・ねばねば
平熱から微熱 微熱から高熱
その他 頭痛 寒気・関節痛・頭痛など
その他2 カビの多いところにいた、外出が重なった(PM2.5)、寒さでムズムズする、などアレルギー関係で思い当たる節がある 免疫の低下

この指標を元にアレルギー系の可能性が高い場合は

抗ヒスタミン薬が入った薬が必要になります。

そしてお伝えしていた通り、抗ヒスタミン薬にも種類があり、

抗ヒスタミン薬の種類によって

効き目の強さ、眠気など副作用が違います。

 

花粉症の鼻水に効く薬

まずは、効き目が強い〜中間の抗ヒスタミン薬を紹介します。

効き目が強く、代わりに眠気も強いのが

「Zの付いた鼻炎薬」
*コンタック鼻炎ZやストナリニZなど

理由は抗ヒスタミン薬の種類が「セチリジン塩酸塩」といい

市販薬では売ってなく、医師の診察を受けて処方される最強のアレルギー薬であるザイザル(「レボ」セチリジン塩酸塩)の前身(作る元)であるジルテック(セチリジン塩酸塩)のスイッチOTCと呼ばれる医師の処方薬を薬局やドラッグストアなど市販で買えるようになった成分が含まれているからです。

代わりに眠気が強く、仕事前などは服用を避けたい薬です。
*車の運転はダメです。

 

そして、
この眠気を弱くし(ただし効き目も落ちる)効き目を程よく残したバランスをとった薬が

「アレジオン」

です。

 

花粉症の鼻水に効いて眠くならない薬

続いて、効き目は最も弱くなりますが、眠くならず服用でき、即効性が高い薬

「アレグラ」

です。

アレグラの抗ヒスタミン薬はフェキソフェナジンです。

効き目が弱いため、効かない方もいます。

この点に対して同じアレグラでも
眠気を少なくしたまま、より医薬品に成分量を近づけ、効果を高めたのが

「アレグラFX」

です。

 

上記でお話しした事をまとめると

1:アレルギー系には「抗ヒスタミン」

2:抗ヒスタミンには種類があり

3:その種類で
・効き目が強いが眠くなりやすいのが「Zの付いた鼻炎薬」
・効き目や弱いが眠くなりにくいのが「アレグラ」

となります。

 

続いて、処方薬や市販薬が効かない時の対策

スポンサードリンク

それでも鼻水や鼻づまりが良くならない 処方薬や市販薬が効かない時の対策

花粉症 鼻水 鼻づまり 薬 効く 効かない 市販 止める 対策

他のサイトではあまり載っていない方法を幾つかピックアップします。

鼻を温めてから鼻をかむ

痛みや腫れを伴う場合は冷やした方が良い場合もありますが

鼻を温めることで血流を促し、鼻水を出しやすくする事ができます。

 

鼻うがい

市販の鼻うがい薬を使うのがオススメですが

食塩水を作り、行う方法もあります。

食塩水の作り方

1:水道水を沸騰させた後、20~30度ぐらいまで冷まします

2:(1)のぬるま湯で、0.9%濃度の食塩水をつくります。
水500mlに対し、食塩小さじ1杯弱

他にも、幾つか紹介していますので

よければこちらもご覧ください。

⇨花粉症の症状別の自宅でできる対策と緩和方法

⇨花粉症の人の洗濯物の干し方

 

まとめ

花粉症で鼻水や鼻づまりが酷くて辛い。

病院に行くまでの間、市販薬でなんとか凌ぎたい時の

花粉症の鼻水や鼻づまりの症状に効く薬の選び方を紹介しました。

1:アレルギー系には「抗ヒスタミン薬」が必要

2:抗ヒスタミンには種類があり

3:その種類の違いによって
・効き目が強いが眠くなりやすいのが「Zの付いた鼻炎薬」
・効き目や弱いが眠くなりにくいのが「アレグラ」

となります。

スポンサードリンク

 - 疾病予防対策