四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

サンタのプレゼントは何日?子供に正体を聞かれたら?いる、いない?

   

サンタ クリスマスプレゼント

サンタクロースからのプレゼントでは

子供だけでなく、子供が手紙を書いたり、大きな靴下を準備したり、プレゼントを考えたりする姿を見ながら
親も楽しんでいる家庭が多いようです。

「大人と子供の(親子の)遊び」
として、多くの方が楽しむサンタクロースからのプレゼント。

今回は、このサンタクロースからのプレゼントに関する

・プレゼントは何日に枕元に届くのか?
・親からのプレゼントとサンタからのプレゼントは?
・子供に正体を聞かれたら?

という3点についてリサーチ結果を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

サンタのプレゼントは何日?

まず、各家庭で、何日のサンタクロースからのプレゼントが届くのか、ですが

24日夜 : 家族でクリスマスパーティーをし、ケーキなどを食べる
25日朝 : サンタクロースからツリーの下にプレゼントが届いている

という流れが多いようです。
各ご家庭の都合などもあり、25日夜にクリスマスパーティーをされる家庭もあるようですが

サンタクロースのプレゼントに関しては25日の朝に届く家庭が多いです。

 

また、
親からのプレゼントとサンタクロースからのプレゼントですが
家庭によって様々で

両方からおもちゃなど高価なプレゼント

親からは勉強や服など必要なもののプレゼント、サンタからはおもちゃ

おじいちゃん、おばあちゃんから少しお金をプールしてもらっている

お母さんからケーキ、お父さんから本や勉強道具・服、サンタからおもちゃ

家族からクリスマスパーティー、サンタからおもちゃ

などなど家庭によって様々なプレゼントとなっています。

スポンサードリンク

サンタの正体を子供に聞かれたら?

続いて、子供からサンタクロースについて聞かれたらですが、

前提として大多数の家庭の答えとして「聞かれるまでは、答えません。自然に学ぶまで楽しみます。」との事でした。
そして、小4〜6で子供から聞かれる事が多いようです。

その時の回答として例を状況に応じて、いくつか紹介したいと思います。

【お子さんが小さい場合】
まだお子さんが小さい場合でも(幼稚園も少なからず)、周囲の子たちによって「サンタはいない」と言われ、親に相談する子がいます。
その場合は

「サンタさんは信じる者にしか見えず、プレゼントも貰えないよ!信じている限りは、サンタはいつまでもやってくるよ!」
と答えてあげるのが良いのではないでしょうか。

 

【姉妹、兄弟がおり、上の子に聞かれた場合】】

この場合は素直に

「下の子はまだ信じているから、教えないであげて」

と答えてあげ、準備の段階などから、「内緒ね!」と大人同士のように扱いました。

という回答を教えて頂きました。

 

【Yahoo知恵袋にあった秀逸な例】
Yahoo知恵袋にあった秀逸な例を1つ紹介します。お子さんもサンタクロース意外の周囲の人へ感謝が出来るのではないでしょうか?

ちょっと考えてみて…

サンタさんは、毎年、生まれて来るたくさんの子供達にプレゼントを配っています。毎年、赤ちゃんが生まれ続けて、子供達が増え続けるのですから、そのまま今まで通りに全員に配り続けるなんて事は到底出来なくなるのではないでしょうか?

そこで、だんだん年を取って来た子供達には、もう【直接】には配らないようにしていて、その代わりに、常に、新しくて幼い子供達への配達に専念するようにしています。

(中略

でも、あなた達のような年長の子供達へのサンタさんのプレゼントの配達は、代わりに、サンタさんから頼まれた他の心優しい人々によって手伝われていて、今年も届くようになっているのです。

では、だれがプレゼントの配達を手伝っているかと言うと、あなたの周りの、あなたを愛している人達全員(例えば、お父さん・お母さん、親戚のおじさん・おばさん…)が手分けをして配達しているのです。

今年もプレゼントを楽しみにしていて下さい。
サンタさんが直接来るかどうかを確かめてみるのも面白いかも知れません。

参考:Yahoo知恵袋

いかがでしょうか、
これだけでも、もしも聞かれた時に困られている方や、これから聞かれた時の参考になると思います。

サンタはいる、いない?

サンタの存在に対して、子供目線で当時どう思っていたのか、という意見もとても参考になります。
大多数は「自然に気づくまで親からは言わないで欲しい。」「一緒に楽しんでくれた親に感謝している」という意見でした。

・年齢が二ケタになったら大人に近づくから、サンタさんにお礼の手紙を書いて終わりと教えてもらった、夢が壊れず良かった。

・親に直接ばらされ、正直言われたくなかった。

・サンタクロースからもらったおもちゃのレシートを見つけて、自分から聞いた。

・しつこく聞くので、教えると、「そこは嘘をつき通してよ!」とおこられた。

などなど、子供も自分で気づくまでワクワク感や夢を持っていたい子の方が多いのかもしれません。

まとめ

様々な意見をお伺いしたところ、

子供も日々、成長しているので、親が無理に考えず
自然に学ぶまで、「親と子供の遊び」としてサンタクロースからのクリスマスプレゼントを楽しむのが良いのかもしれません。

今年も家族で思い出に残るクリスマスを楽しんで下さい。

スポンサードリンク

 - クリスマス