四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

高尾山の紅葉見頃時期の混雑回避2016!ケーブルカー・リフトの人混み!

   

高尾山 紅葉 混雑 2016

毎年、高尾山の紅葉時期にはケーブルカーとリフトが長蛇の列ができるほどの混雑になります!!

ケーブルカーやリフトの混雑はもちろん

その他の混雑場所を回避してできるだけ気持ち良く紅葉狩りを楽しむために

  • 高尾山のケーブルカーとリフトの混雑する時間帯
  • 紅葉時期の平日と休日の混雑具合
  • その他の人混みがすごい場所
  • 回避方法まとめ

を紹介します。

スポンサードリンク

高尾山の紅葉見頃時期の混雑回避2016!ケーブルカー・リフトが混雑する時間!

高尾山の紅葉時期【休日・祝日】に一番の混雑を見せるのがケーブルカーとリフトです。

高尾山は山頂まで歩けないことはないのですが麓から歩いて100分かかることと
*ケーブルカーは山頂までの半分なので、40分ほどは結局歩くのですが

歩くコースは意外と針葉樹が多く、紅葉を見るならケーブルカーもしくはリフト!

となるため、
混雑するのは分かっていても多くの方がケーブルカーとリフトを利用します

そしてケーブルカーとリフトが混雑する時間帯が

行き(登り)は午前中の9:00〜混雑が始まるます。

残念ながら1時間待ちはざらで2時間待ちのこともあります。

午後も昼過ぎまで混雑しています。
*14時を過ぎると山頂へ行ってすぐに下山しないと暗くなるので混雑が減ります。

このことから混雑を真に回避するには、

行き(登り)は「9:00までに麓の駅に到着」もしくは「歩く」

となります。

が、小さい子がいたり、紅葉を見るならケーブルカーもしくはリフト!

ということから、ケーブルカーやリフトを利用しようとお考えの方は

リフトを利用するのがオススメです!!

理由は

  • ケーブルカーは15分毎
  • リフトは随時
  • 筆者の体験上リフトの方が長蛇の列がスイスイと流れていく

 

続いて

帰り(下り)のケーブルカーとリフトの混雑は

行き(登り)よりもさらに混雑すると考えておいてください。

帰りは歩いて帰るのがオススメです。
*登り時に往復券の方が安く、多くの方が往復券を買うのですが
片道券にしておき、空いていれば帰りも利用し、混雑していれば歩くようにしましょう。

それでも

ケーブルカーやリフトを利用しようお考えの方は

遅くなると暗く寒くなり、
お店も5時で閉まってしまい待つ時間がとても大変なので

暗くなる前、待ち時間も考慮の上で下山するのがオススメですよ!

特に混雑が予想される高尾山の紅葉見頃時期はこちらの記事で

高尾山の紅葉2016見頃時期はいつからいつまで?例年の様子紹介!

**ちなみに**

混雑がひどく行きと帰りも歩くことにするのであれば

1号路が一番歩きやすく、歩く方も多いと思いますが

4号路の吊り橋と薬王院ルートが違うので

行きと帰りで分けるのがオススメです。

 

【平日】はむしろ、
待ってもケーブルカーやリフトに乗るのがオススメです!

平日でもある程度は混雑しますが
休日のような数時間待ちにはなかなかなりません。

上記でも紹介したように紅葉を楽しむならケーブルカーやリフトの方が多く紅葉がみれますよ。

 

続いて
高尾山でケーブルカーやリフト以外の人混みがすごい場所を紹介します!
ここを注意しないとちょっと大変ですよ!

スポンサードリンク

高尾山の紅葉見頃時期の人混みが多い場所!

注意が必要なのは

行き来のケーブルカーやリフトだけではありません。

「お昼ご飯です!」

ご飯どころが

・薬王院前
・展望スペース
・山頂
etc

とあるのですが、
休日はどこも人がいっぱいでなかなかお昼ご飯を食べることができません。

できれば
お弁当を用意して(温かいものがあると本当に美味しいです)
レジャーシートを用意し(お昼の目的以外でもどこでも座って休憩できるので本当に便利です)

山頂でレジャーシートを敷いて食べるのがオススメです。

 

回避方法まとめ

以上

高尾山の混雑についてを紹介しました。

ケーブルカーとリフトの
登りは朝の9時から14時過ぎまで(歩くか9時までの利用がオススメ:乗るならリフト)

ケーブルカーとリフトの
下りは昼過ぎから(帰りは歩くのがオススメ:乗るなら暗くなる前に)

飲食場所
人混みが多く混雑するのでお弁当を用意するのがオススメですよ!

スポンサードリンク

 - 紅葉 ,