四季行事のお役立ち情報を提供するWebマガジン

七五三の祈祷での初穂料一人分と二人分、相場、書き方まとめ!

   

七五三 初穂料

七五三の準備は色々あって苦労されている事と思います。

七五三のメインといえば、神社へのお参り!
祈祷して頂くのに支払う初穂料(はつほりょう)についても

兄弟二人分と一人分の

  • 相場金額
  • 熨斗袋の書き方

に迷われると思います!
そこで、その点について、
私の経験と周囲の方へ当時聞いたものをまとめておきます☆^∇゜)

ちょっとしたワンポイントアドバイスも載せておきます!

スポンサードリンク

七五三の祈祷での初穂料一人分と二人分について

初穂料は当日の祈祷前に
受付(とは言わないでしょうが)があり、そこで渡します。

 

祈祷の申し込みもほとんどの場合、当日行うのですが
有名神社であったり、11月15日は大変混雑する可能性が高いので、事前に予約が必要な場合もありますので、祈祷について

「電話確認」

をされる事をオススメします!
私自身も周囲の方もお参り後の会食予定が1時間ほど遅れた方が多くいます。その点でも電話で確認されるのが良いと思います。

 

そして、初穂料の相場について
以下で一般的な相場について記載します。

しかし、
あくまで『一般的』であって、正解があるとすれば

二人分であろうが一人分であろうが
『HP確認ののち、記載されてなければ電話確認』
をして下さい。オススメではなく、して下さい。

 

というのも、
初穂料が定められていない神社もありますが
初穂料が定められている神社があります。

その定められた初穂料は神社によって違います!

一人5000円、二人で8000円であったり
二人目も5000円であったりと神社によって違う場合があります。

 

二人分であろうが一人分であろうが
『HP確認ののち、記載されてなければ電話確認』
をして下さい。

そして、定めていない神社であったり、
HPに記載がなければ、以下の相場を参考にして下さい。

スポンサードリンク

 

七五三の祈祷での初穂料一人分と二人分の相場

初穂料の相場は「5千円〜1万円」です!
二人分なら1万円が無難でしょう!

実際、私自身も周囲の方も
5千円という回答が一番多かったです。
次に多いのが、始めから神社で決められており、7千円、8千円(二人分なら倍)となっていました。

 

また、こちらのグラフも参考になると思います。

     1万以下 85.7%       1〜2万 11.9%  2万〜3万 2.4%
参照:価格ドットコム

 

あくまで相場ですので、
確認の上、下限金額が定められていない神社の場合、
3000円で済ませる方も少数ですがいます。

 

また、初穂料は新札で用意するのがお作法となっています。

 

続いて、初穂料の熨斗袋、中袋の書き方と水引についてです。

七五三の祈祷での初穂料一人分と二人分の書き方

熨斗袋は柄の入っていない白い熨斗を用意して下さい。
水引は紅白の5本で蝶結びのものをお選びください。

 

最近ではコンビニでも売っているので、直に手に入ると思います。

 

【熨斗袋の書き方】
七五三 初穂料

表書きの上段に
「御初穂料」「初穂料」「玉串料」と記載します!
お寺であれば「御布施」と記載します!

表書きの下段に
お子さんのお名前

水引の付け方は画像のように輪っかが上です!

 

【中袋の書き方】
七五三 初穂料

表面は
「金 伍阡円」

裏面は
「住所と夫婦連名」

 

で記載します。
受付の時にどうせ開いて確認するからと、
手渡しで払われる方もいるようですが、
一般的はマナーは上記のように熨斗袋に包むのが良いでしょう!

 

まとめ

七五三の準備に色々と苦労される事もあると思いますが、

何歳の七五三にしても
お子さんの一生にとって一度の瞬間ですので、あと少し!

最後まで準備していきましょう。

スポンサードリンク

 - 七五三